2016年11月07日

ドラゴンM4(*´∀`*)

久々再開( ̄▽ ̄)


前回アッパーassyを作ったので今日は下半分( ̄^ ̄)ゞ

下半分もバラバラです(; ̄ェ ̄)

一応軸受けはステンレスです

個人的にはステンレス軸受けはしっかりグリスアップされていなかったりステンレスより硬い素材のギアを使用した場合軸穴が摩耗するのが早く、ブローするのが早いので使用しないのだが(; ̄ェ ̄)


今回はとりあえずコレでいきます( ̄^ ̄)ゞ

シリンダーはマルイの加速ポート付きですが内側に少しだけ腐食があったので2000番のスポンジヤスリを突っ込んで鏡面にせずにグリスの付きを良くする程度研磨しときます( ̄^ ̄)ゞ


トリガースプリングはなんかマルイ基準とは違う形でめちゃくちゃ硬いのが付いてましたが(; ̄ェ ̄)
コレはC.S.Dオリジナルのトリガースプリングに変更します( ̄^ ̄)ゞ



シリンダーヘッドはエレメント製かな??
新品があったので使用



ノズルはUFCを使います



ピストンヘッドは同梱されていたもののピストンリングがあまりにもひどいのでVFC純正に交換


ピストンはラックがプラでしたがコレしかないので2番目の歯を落として使用します(; ̄ェ ̄)


ギアはUFCの16:1を使います( ̄^ ̄)ゞ


なぜかパーツがUFCで揃ってるのはあそこで仕入れたからかな??(; ̄ェ ̄)


モーターもUFCのハイスピ系ww


タワースプリングの径があっておらずグリップ奥まではいりません(; ̄ェ ̄)

タワースプリングはマルイ製に交換しました


グリップとモーター付けてベベルからシム調整します



同じメーカーなのにピニオンとベベルの相性良くない(; ̄ェ ̄)
こりゃー音消しきれないかな?(−_−;)
とりあえず各ギアのクリアランスと噛み合う量の調整終了です


続いて途中で切られた配線の交換です( ̄^ ̄)ゞ


テフロンコードに引き直します( ̄^ ̄)ゞ




スイッチは極端な摩耗はないので再利用です


終了です( ̄^ ̄)ゞ


ギアとシリンダーassyをグリスアップして組み込みます( ̄^ ̄)ゞ




スプリングは暫定でM90です

とりあえず組んでみて完成ー(*´∀`*)

撮影用にデコりました( ̄^ ̄)ゞ


初速は…(−_−;) ギリギリアウトな感じ


バレルを260㎜から230㎜に変更したら

HOP無しで93m/sでした(CYC0.2g使用)

そのままデルタフォース沼津で戦闘中のオーナーに納品がてら試射( ̄^ ̄)ゞ

多少HOPがキツ目ですが0.25g使用でほぼ直進弾道で45mの的に当たってました

多少給弾にムラがありますがセミオートだと完璧に上がるのでそのままオーナーにお渡ししました(*´∀`*)

やっぱりエレメントヘッドとUFCノズルの相性が良くないようでノズルの動きぐ多少渋かったのが原因かと思われます(−_−;)

現状に不満が出たらもう1度お預かりでリメイクしなきゃですなぁ(; ̄ェ ̄)


しっかし(; ̄ェ ̄)

このハンドガード(−_−;)









こんなに長いクセにめっちゃくちゃ軽い(; ̄ェ ̄)






URX4であまりの軽さに感動したのだが(−_−;)




MSRはレプリカとは言えこれほどまでとは(; ̄ェ ̄)


みやちゃんの次世代についてるMIもめちゃくちゃ軽いし(; ̄ェ ̄)


ナイツコンプリートでは不可能な軽さだ( ̄◇ ̄;)


たまにはナイツレシーバー以外で作ってみようかな??


  

Posted by ゆっち  at 23:36Comments(0)マルイG&PレシーバーM4メタルフレーム

2016年10月31日

バラバラ(; ̄ェ ̄)

毎度です(・ω・)ノ




最近本職がヤバいです(; ̄ェ ̄)




いろんな店に応援やら改装やらで飛び回ってます(−_−;)




ウチに帰れば飯食って即死(−_−;)








まだカレー屋のとかヤモリのとかやらねばならぬ銃が山ほどあると言うに( ;´Д`)

そんな中持ち込まれたのがコイツ(; ̄ェ ̄)




バラバラじゃねーかよ(; ̄ェ ̄)


何コレ(−_−;)




どうやらM4っぽい(; ̄ェ ̄)







ウチのチームのドラゴンちゃんちで栽培されていたヤツですな(; ̄ェ ̄)

とりあえずメカには強く無いのでレスポンス重視でお願いしますとの事(; ̄ェ ̄)

龍ちゃんと待ち合わせしてアングスに買い出し







の筈がなんとなーく全部あるっぽいので栽培Boxごと入庫した訳です


龍ちゃん曰く


レシーバーとレールの隙間をなんとかしたい✌︎('ω')✌︎だそうで




何コレ(; ̄ェ ̄)

1センチ近く空いてるやんけ(−_−;)

コレだからG&Pレシーバーは(; ̄ェ ̄)


ラッキーな事に(理由は後ほど)アウターバレルは正ネジのG&Pでは無く5KU製の逆ネジタイプが栽培されてました^_^

とりあえず隙間が無くなる程度アッパーのネジ部分を削ります( ̄▽ ̄)



このままアウターバレルを組み込むと当然レシーバー内にアウターバレルが入り込み過ぎてチャンバー位置が後退してメカボ入りのロアレシーバーが組み込めません(; ̄ェ ̄)

そこでラッキーな5KU製アウター( ̄▽ ̄)

要はチャンバーが通常より奥に入ればいいのでチャンバーの前側部分を削って短くしちまえば問題はないのだが(; ̄ェ ̄)

チャンバー側を削るとバレル固定の際のセンター出しが怪しくなるのと

違うチャンバーに変えた時にまた加工すんのがめんどくさいのでアウターバレル側を加工したい

5KU製のアウターバレルは根元のイモネジ2本で固定されてるんですがそのままだと実はチャンバーが奥まで入って無いんですわ



そこでイモネジ2本を緩めてちょっとだけ抜き気味に固定してやると簡単にチャンバー位置を前進させる事が出来るんですよね( ̄▽ ̄)



※調整後の写真撮らずにアッパーに組んじまったので画像はありません(; ̄ェ ̄)

コレでチャンバーの位置調整は何とかなります( ̄▽ ̄)

次にチャンバー周り

prowinチャンバーにマルイMP5純正バレル+PDIのダブルホールドパッキンの組み合わせです


バレルの芯出し後組み込みます

メカボ次第でバレル長は変わるので今の所暫定の長さで組み込みました

今回は特別加工はしてないのではしょります( ̄▽ ̄)

アッパー側はこれで完成

とりあえず完成予想図





長えなおい(; ̄ェ ̄)

メカボは次回( ̄^ ̄)ゞ

  

Posted by ゆっち  at 00:30Comments(0)マルイG&PレシーバーM4Ver.2

2016年10月22日

副隊長仕様⑤ラスト

最後です( ̄▽ ̄)

とりあえず200発ほど撃って来ましたがノーマルのもっさい感じは消え去りました(`・ω・´)


1000モーターで7.4リポ15Cの低出力バッテリーで初速も92m/s辺りで安定、サイクルもギリギリなスイッチでの秒間11発から旧世代ノーマル並みの16発ほどまで復活してます(´・ω・`)


すんません( ・∇・)
写真忘れました


それからそれからバッテリーをアダプターを介さずに接続出来るようにストック端子を撤去して配線を延長してヒューズもDTMに付いてるので撤去(`・ω・´)


コレでニッスイとはおさらばです(´∀`)

お預かりしたバッテリーはヌンチャクタイプだったんですがこのタイプは配線の都合上ケッコーギリギリなんでちょっと削りました

それでもギリギリなんで出来れば次にバッテリーを購入するならスティックタイプがいーですな( ・∇・)



容量的にも大して変わらずでスペース的にもヨユーなんでリポバッテリーが腫れてきても入らなくなる事はないでしょう(`・ω・´)

とりあえず完成でーす( ・∇・)



次は何やるかなー(´・ω・`)

ハイサイ二連発片付けるかな(`・ω・´)

  

Posted by ゆっち  at 23:42Comments(0)次世代マルイDTMCQB-R

2016年10月22日

副隊長仕様④

更に続きます

まずはオーバーホールを先にやってから不具合や初速の低下を何とかしてからDTM化します( ̄^ ̄)ゞ

実はそれをやらなかった故にレトロアームズのFCUを暴走させちまったのはナイショの話(・Д・)ノ

今回は失敗は許されないのでいつになく慎重ww

さてさて
後方配線の次世代M4系はバッファーチューブにリコイルウエイトが入ってるので切ないとこに配線が通ってます(´・ω・`)

おかげで分解を繰り返すとバッファーチューブの根元でバッファーリングに擦れて配線の被覆がはがれちゃいます(`・ω・´)

今後また分解する機会があるとまたいちいちハンダを剥がして分解しなきゃならない…


なんでバッファーチューブの根元の配線が通る所を削って配線を通しやすくする+端子を外さなくてもバッファーが外せるようにします( ̄^ ̄)ゞ

ドライバーで指してる部分の凸を削り落とします( ̄^ ̄)ゞ


こんな感じでOKです(`・ω・´)

さくさくっと組み上げて測定(`・ω・´)



初速はちょーど良いくらいです

サイクルは(−_−;)
遅え( ̄◇ ̄;)

ちょいと小細工しますが(−_−;)

3年使ってる1000モーターじゃこんなもんか(−_−;)


スイッチがアレなのも影響してんのかな?

実射してみるとめっちゃくちゃきれーに飛びやがる(・ω・`)

また副隊長がめんどくs…手強くなります(−_−;)

更にDTM化するので敵チームになったらめんどくs…味方になったらちょー頼もしいです( ̄▽ ̄;)


まぁいいや(−_−;)

とりあえずふつーに戻ったところでいよいよDTMの組み込みに入ります( ̄^ ̄)ゞ



とりあえずノーマルスイッチで2マガジンほど撃ってグリスをなじませてあります

余分なトコは拭き取ってDTMの基盤に飛び散らないようにします( ̄^ ̄)ゞ


とりあえず基盤のみメカボに組んでみて先にトリガーストロークの調整に入ります( ̄^ ̄)ゞ

副隊長にどんな感じが好きかと聞いたら2、3㎜遊びがあってリセットも早い方が良いとの事( ̄▽ ̄;)

さすが実銃の資格持ってるだけあって言う事が違います(−_−;)

次世代はホントにミリストロークにするのが可能なんですが副隊長の言う通りに遊びを残してスイッチオン後のストロークを短くしてリセットを早くしてみます



見えますかね??(; ̄ェ ̄)

トリガーにプラの破片を貼ってちょっとづつ削って調整しました( ̄▽ ̄;)

んで配線を全部ハンダ付けして完成(・∀・)


バッテリー繋いで設定( ̄▽ ̄;)

って…(; ̄ェ ̄)

コレの向きどっちだっけ??( ̄▽ ̄;)




向きを間違えて逆接したらヒューズ2ヶ所入ってるとはいえ恐ろしい(; ̄ェ ̄)

とりあえず変換アダプターをバラして確認(´∀`)

ハンダゴテで矢印書いてやった(; ̄ェ ̄)



とりあえずふつーに撃てるようにはなったので設定



ってあれ??

ver.2用より設定少ないのね(; ̄ェ ̄)

モーターブレーキとリアカンモードが無い(; ̄ェ ̄)






コレでプリコッキングうまいこと制御出来るのか???


…(; ̄ェ ̄)









出来てるっ!( ̄▽ ̄;)






とりあえずピストンがノーマルなんであんまりプリコッキングしまくると次世代はピスクラしちゃうかもなんでほどほどにします( ̄^ ̄)ゞ

動作確認で明日200発位撃ってみて一度バラしてダメなら確かライラピストンがどっかにあったから組んじまおう( ̄▽ ̄)

次でラストだよ( ̄^ ̄)ゞ

  

Posted by ゆっち  at 00:45Comments(0)

2016年10月21日

副隊長仕様③

続きです( ̄^ ̄)ゞ



とりあえず全バラ洗浄

セクターの開放側の歯は絶対こーなりますね(´・ω・`)


まだ大丈夫だと思いますが一応SHSのスチールギアに交換します




仕様としてはノーマル+DTMで大丈夫なんで軸受けは純正新品に交換します



タペットとセクターにお互いが当たってたと思われるキズが入ってました(; ̄ェ ̄)



新品から一度も開けられてないメカボなんでメーカー側の組みミスですかね(; ̄ェ ̄)

しっかりしてくれよ(´・ω・`)

洗浄後のメカボの加工に入ります( ̄^ ̄)ゞ


スプリングがノーマルなんで必要ないかと思いますが今後の耐久性を考えて割れ止め加工しときます



ピストンレールの研磨もしときます



軸受けは接着します
ノーマルははまってるだけなんでグリスが入ってギアと一緒に回っちゃうようになると摩耗してガタガタになっちゃいます(´・ω・`)


シム調整はベベルとピニオンのバックラッシュ調整から( ̄^ ̄)ゞ





無事終了( ̄^ ̄)ゞ

続いてスイッチ周りです




奥側の端子がスパークで減ってギリギリ通電してるレベルになってますΣ(゚д゚lll)

みょーにサイクルが遅いのもコレのせいか??(´・ω・`)

今回はDTM化するにあたりいらなくなるのでこのまま動作確認だけしちゃいます

メカボ内はこんな感じ



加速ポートはシリンダー内のグリスがDTMの基盤に飛ばないように横向きです


長くなったので1回切ります( ̄^ ̄)ゞ

  

Posted by ゆっち  at 13:16Comments(0)次世代マルイDTMCQB-R

2016年10月21日

副隊長仕様②

はいっ(´・ω・`)

今日は下半分に入ります( ̄^ ̄)ゞ



やっぱり折れてますね(; ̄ェ ̄)


ここんとこウチに来た次世代M4は100%折れてダミーボルトが動かなくなってますね(´・ω・`)
なんとかならんもんかな(; ̄ェ ̄)

とりあえずギミックだけなんでほっときます( ̄^ ̄)ゞ

まずはストック端子から配線を外します( ̄^ ̄)ゞ
今回はまだ加工してないのでハンダ付けされてるところから外します。

後々加工していちいちハンダ取らなくてもいいようにしてやります(`・∀・´)

バッファーチューブを外しました


リコイルウエイトの先っちょにスプリングが付いていて

バッファーチューブをねじ込む所の下側に補強が追加された中期モデルですね(`・∀・´)
後期モデルはチャンバーを押さえる部品が付いてたり至れり尽くせり仕様になってます

モーター3年使ってるとは思えない綺麗さですが(; ̄ェ ̄)
多分スイッチオンの瞬間にモーターがグリップ内であばれてるんでしょーね(`・∀・´)
グリップの削りカスが付いてます(; ̄ェ ̄)

この辺の対策も後々( ̄^ ̄)ゞ

とりあえずブラシもあんまり減ってないのでこのまま使います( ̄^ ̄)ゞ

摘出( ̄^ ̄)ゞ



ご開帳(`・∀・´)

意外と綺麗だわ(´・ω・`)


ただし…

グリスはカピカピで飛びまくってベベルなんか殆ど残ってませんΣ(゚д゚lll)

タペットはウイングがけっこー減ってます(´・ω・`)
手前 ほぼ新品
奥 摘出した奴



コレはほぼ新品に交換します

シリンダーはマルイらしくない感じで加速ポートがバリだらけ(´・ω・`)
中も縦線ギタギタの腐食もひどいのでVFC純正に交換します

一瞬ピンクシリンダー??( ̄∇ ̄)
って思いましたが怒られそうなんでやめときます(´・ω・`)

ピストンはラックギアの潰れもほぼ無いので洗浄して使用します

ピストンリングはさすがにダメそうなんでGAWのフッ素リングに交換です( ̄∇ ̄)

ヘッドは後方吸気に加工してサイクルアップを狙います( ̄▽ ̄)

ついでにたまーにピストンロックしてたらしいのでピストンラックのケツから2番目を落とします

とりあえず今日はここまで(´・ω・`)

眠いです(( _ _ ))..zzzZZ

  

Posted by ゆっち  at 01:06Comments(0)

2016年10月20日

次世代CQB-R 副隊長仕様①

お久です




だんだん朝夕は冷えるようになってきましたね


サバゲーシーズン到来です( ̄∇ ̄)



おかげでウチのガンラックも満員御礼(-.-;)y-~~~



お待たせしている皆様にはご迷惑お掛けしますが(; ̄ェ ̄)
頑張ります(`・ω・´)

今日の獲物は特別です(; ̄ェ ̄)


僕が所属してるチームの副隊長機です(`・ω・´)


ウチのチームが発足して早3年、ほぼノーメンテで酷使された次世代CQB-R

現状使用感に変化はあまり無いものの電子制御トリガーに興味があるとの事でDTM組み込み&オーバーホール依頼です(`・ω・´)

外観上の不具合としてはバレルナットがすぐに緩んでハンドガードがガタガタになるとの事なんでそちらも対策します

現状やはりヘタリがきてる様で0.2gで82m/sでサイクルも秒13発まで下がってました(・Д・)
とりあえずDTMを組み込む前にオーバーホールプラスαでどこまで復活するか確認します

とりあえず今日はアッパー側のみ着手します




まずはチャンバー周りです

普段使う弾はG&Gの0.2gとの事なんで面HOP化するんですがあんまり長かけにはしません(`・ω・´)

ノーマルバレルのHOP窓に合わせてライラのブリッジタイプの押しゴムをカットしてスリックパッキンと合わせて交換します( ̄^ ̄)ゞ


バレル内は自分でクリーニングしてるとの事でかなり綺麗です(`・ω・´)

バレルの芯出しと気密漏れ対策でマスキングテープ巻き


インナーバレルとアウターバレルの隙間を埋めるためにバレルにも巻き巻き

チャンバーとアウターバレルの隙間を埋めるためにも巻き巻き



HOPの突き出しを確認して終了です


続いてアッパーレシーバーに行きます( ̄^ ̄)ゞ

とりあえずバラしてアウターバレル基部にシムを1枚入れてみます( ̄^ ̄)ゞ


ここにネジロック付けちゃえば緩む事は無いんですが(; ̄ェ ̄)
万が一ハンドガードを変えたいなんてなった日には2度と外れなくなってる場合があるので基本的には付けません( ̄^ ̄)ゞ
かわりにぶっ締めです( ̄∇ ̄)

さらにホロサイトが付いてるんですがなんか右に傾いてるんでそれも修正

ついでにハイダーを小ぶりなサイレンサーに変えてるんですがそれもすぐ緩む(; ̄ェ ̄)
故に逆ネジの根元にゴムのOリングをかましてゴムのテンションで緩まない様にしましたよ( ̄∇ ̄)


今日はココまで( ´Д`)y━・~~

  

Posted by ゆっち  at 00:08Comments(0)

2016年09月24日

SR25 その3(・ω・)ノ

どんどんいきましょー(・ω・)ノ

ついでに気に入らなかった部分の手直し




トリガーの左右のガタって気になりませんか??








はい(・ω・)ノ

なる人かなり変態です( ̄^ ̄)ゞ


よくボルトアクションのトリガーだとやる方多いんですが(・ω・)

海外製電動ガンもけっこーガタガタです( ̄^ ̄)ゞ

なんならトリガーの軸と軸穴が大きさちょっと違うなんてザラですわ( ;´Д`)

でもだいたいここの軸の太さが3㎜くらいなんですよ(・ω・)


そーです( ̄^ ̄)ゞ


実はギア用のシムが使えるんです





ただしあんまりカツカツにしちゃうとトリガーの動きが渋くなっちまうので程々に(・ω・)ノ

ウチは組み込む時に面倒くさいのでだいたい片側にシム入れてガタを無くします

センターにトリガーがなくてもほんの0.何㎜なんで気にしませんww

神経質ですがいいかげんですから( ´Д`)y━・~~


そしてギアのシム調整してー




組み込みます



完成です( ̄^ ̄)ゞ




初速測定は明日やります( ´Д`)y━・~~

  

Posted by ゆっち  at 00:38Comments(0)ARESSR25

2016年09月23日

SR25その2(・ω・)ノ

続きです(・ω・)

上半分は終了です

問題の下半分(; ̄ェ ̄)

バラします( ̄^ ̄)ゞ



ってなんじゃこりゃー!!!Σ(゚д゚lll)

なんで700モーター( ;´Д`)

俺のサマリウムどこいったΣ(゚д゚lll)







そーいやこないだカレー屋のSDやってる時にクルツからRONEX移植してSDが間に合いそうにねえからとりあえずクルツにサマリウム組んでゲーム行かせたんだった( ;´Д`)


シム調整したかったんだが(; ̄ェ ̄)


このモーターで位置出したらサマリウムにしたらギャン泣きじゃん( ;´Д`)



はっΣ(゚д゚lll)







まさか磐田の時は既にコレだったのか( ;´Д`)?


まあいい(; ̄ェ ̄)
このモーターもピニオンほとんど新品だからコレを基準に調整しよう(−_−;)

大丈夫か(; ̄ェ ̄)





とりあえずモーター端子の被覆が破けてるので交換( ̄^ ̄)ゞ




終了( ̄^ ̄)ゞ



摘出(・ω・)ノ
VFCと違ってARESはアンビセレクター外さずにメカボ抜けるんで楽ですな(・ω・)



ウチのはEFCSユニットをノーマルの緑基盤を焼き殺してしまったので青基盤に載せ替えてあります

メカボのビスは無駄にチタンビスに交換しましたww
軽量化ですww


中身はこんなです( ̄^ ̄)ゞ



Jアーマメントピストン+システマピストンヘッド
ARES製フルサイズアルミpinkシリンダー
ライラシリンダーヘッド
ZC M100スプリング
ZC ベアリングスプリングガイド
ZC オイルレスメタル軸受8mm
多分ライラタペットプレート
セクターのみノーマル
その他はCORE18:1スチールギア

あんまり特別な部品使ってないでしょ?(・ω・)

こんなでもハイレスポンスで50mでA4用紙くらいにまとまる仕様は作れるんだよね(・ω・)ノ

つーかセクターチップどこいった?(; ̄ェ ̄)
つけてないんだっけかな?(−_−;)

とりあえず各パーツをきれいにして摩耗具合をチェックしましたがまだ全然使えそうですわ

ピストンリングは一応新品に交換します( ̄^ ̄)ゞ


ノーマルだと面白くないのでGAWのフッ素Oリングを使ってみます( ̄^ ̄)ゞ



わかりますか?

ピストンの後ろ側にスプリングが圧縮されて曲がるもんだから当たって削れてきてます(; ̄ェ ̄)

ここに引っかかるとスプリングが途中から圧縮されるので引っかかりが外れた時にギアに負担がかかったりピストンロックの原因になったりします。


ので面取り( ̄^ ̄)ゞ


シリンダーにヘッドを組み込みます



よくここにシールテープを巻いてるのを見かけますがシールテープってグリスとかの油めっちゃ吸います(−_−;)
ここに使うとシリンダー内のグリスでスカスカになってしまうのでウチは絶対使いません( ̄^ ̄)ゞ

そもそもメカボでシリンダーヘッドもシリンダーもきっちり固定されてんだから抜けるワケねーんだよ( ´Д`)y━・~~
って思うのは僕だけでしょーか??

ボアアップシリンダーもちゃんとシリンダー内径に近いヘッドを選ばないと抜けてきちゃうんだよね( ;´Д`)

2年前ヒヨコナイツに某メーカーのボアアップシリンダーに説明通りにシールテープ何周も巻いて作りましたがしばらくするとシールテープがグリス吸って圧縮漏れ( ;´Д`)って事もありました
そもそもこんなしてちゃんとノズルのセンターが出るのかも疑問(; ̄ェ ̄)


故に流速とかの高圧縮にするならダブルシールのace1armsやZC等のヘッドを使います

このメカボはそこまで圧縮高くないのと、ライラヘッドとpinkシリンダーが比較的キツめなんでそのまま使用します( ̄^ ̄)ゞ


逆転防止ラッチもEFCSの設定で完全セミオート仕様にしてフルオートを全く撃たないので綺麗なもんです
ベベルのラッチがかかる歯が8枚歯のCOREギアなのも減らない理由になるのか??

ギアも綺麗でアタリもちゃんと出てました(・ω・)
一応セクターチップも付けておきます



って長くなったな(; ̄ェ ̄)


1回切ります(・ω・)ノ

  

Posted by ゆっち  at 22:31Comments(0)ARESSR25

2016年09月23日

久々にSR25(・ω・)

今日はこやつ(・ω・)ノ


軽くなったアイツです( ̄^ ̄)ゞ


客注品もほとんど片付いてきたのでたまには自分の銃の整備( ̄^ ̄)ゞ

しっかり組んでからもーかれこれ2年近く開けてない(; ̄ェ ̄)

こないだのC.S.D定例でピニオンのノイズがグリップのネジで調整しきれないレベルになってきたのでそろそろピニオンがヤバそう(−_−;)


それに中身公開するって言っといてずーっとしてなかったからな(; ̄ェ ̄)

早速バラしてみよー(・ω・)ノ




このシリンダーホントは交換したいんだけど(; ̄ェ ̄)
加速ポートなしはコレしかなくなっちゃったんで(−_−;)



バレル&チャンバー周りはこんなです( ̄^ ̄)ゞ

アングスバレルを200㎜にカットしてあります

ちょい流速仕様ですね(・ω・)

チャンバーはPROwinでバレルに合わせてHOPの押しゴムが入る窓を拡大して位置も調整してます



上がノーマル
下が拡大してある物です

HOPパッキンはマルイ加工、押しゴムはライラのブリッジタイプを切って長さをアングスバレルに合わせて装着です


バレル固定はこんな感じ(・ω・)

アングスバレルは純正や他のメーカーのバレルより外径がちょっと太いので純正のスリーブが入らないのでマスキングテープでチャンバーの径に合わせて組み込みます( ̄^ ̄)ゞ

バレル固定のクリップ?はレトロアームズ製に
交換してコレもマスキングテープでしっかり固定、と同時にアウターバレルとチャンバーの径を合わせてガタが出ないようにしてます( ̄^ ̄)ゞ

PROwin使ってる人にオススメです( ̄^ ̄)ゞ

海外製の銃やチャンバーの場合これらが甘々のゆるゆるでちゃんと精度が出てない銃がほとんどなんでコレだけでも当たるようになるとか、流速で短いインナーバレルを使うときでもセンターが出しやすくなります( ̄^ ̄)ゞ


わかりやすいように最大HOPにしてますがインナーバレルのHOPの窓をちょびっと横方向に広げて綺麗に真っ直ぐHOPがかかるようになってます( ̄^ ̄)ゞ

今回はHOPパッキンを交換します(・ω・)



HOPの窓の縁が金色になってるの見えますかね?(; ̄ェ ̄)
削るっつっても面取り程度です

よく
オメーんとこはHOPの窓広げねーのかよ?
そんなで流速出来んのか??

って言われますが(; ̄ェ ̄)

ウチは全部手作業で機械削りじゃありません(−_−;)

よって精度が絶対に必要な部分なのであんまり前側には広げません(; ̄ェ ̄)


固定の切り欠き部分の上側がチャンバーと外径を合わせてる部分、HOP窓側がパッキンを付けた時に外径をチャンバーに合わせてある部分です
ここに巻くとチャンバー部分での圧損がだいぶ減るので流速化する時はだいたい巻き巻きします( ̄^ ̄)ゞ

マスキングテープ大好きです( ̄^ ̄)ゞ

バレルもきったなかったんでクリーニングしときます


全て組み込んでHOPがちゃんと降りてるか確認したら終了です( ̄^ ̄)ゞ



子供お風呂入れたらメカボもやります( ̄^ ̄)ゞ

  

Posted by ゆっち  at 19:22Comments(0)ARESSR25オーバーホール